豊胸手術って危険なの?

コンプレックスの強くなりやすい胸のサイズ、豊胸手術をすればあっという間に解決されますが、
いくらお金を掛けても豊胸手術には危険があります。

病院側にある危険としては、医師免許を持っていれば誰でも手術を行えること、
利益優先の病院が多くあること、豊胸用のバッグが日本では認可されていないことがあります。

残る傷口の大きさ、術後の胸の形やアフターケアなど、不満に感じて医師に訴えたとしても、
こんなものだと説明されてしまえば泣き寝入りするしかありません。

シリコンバッグを選択した場合、胸に異物を入れる訳ですから当然、防衛反応が起こります。
免疫反応により異物をコラーゲンの膜で覆い、固く丸く押し固めてしまう事を被膜拘縮といいます。
これが胸で起こると、固くなってしまったり、丸く固まってしまうことから痛みや外見の変化
などが起こります。

女性

マッサージをしっかり行う必要がありますが、その説明などが殆ど無いのが現状のようです。
被膜拘縮が起こりにくいバッグや手術法が色々と出てきているようですが、
起こりにくいだけであり正しいアフターケアは必須です。

自分の不要な部分の脂肪を注入するタイプの豊胸手術もあり、
とてもメリットが多いように思えますが、実際それほどサイズアップを望めないそうです。

自分の脂肪だから防衛反応などがないだろうと思ってしまいますが、
こちらも馴染みが悪い場合は脂肪が固まってしまい、
ごつごつとした手触りになってしまうこともあります。

豊胸手術を行うと、女性に起こりやすい乳がんの発見がとても難しくなってしまいます。
胸に異物が入っているわけですから、その影にある小さな腫瘍の発見が遅れてしまう場合も
あります。妊娠をすれば、母乳は出るのですが常に乳腺炎に悩まされる覚悟が必要になります。

体内に入れるものですから、トラブルが起きても簡単に出し入れする事は出来ませんし、
バッグの状態によっては胸の組織まで摘出することになってしまいます。