女性ホルモンを増やすことで胸は大きくなる

女性が胸の大きい小さいを気にすることはよくありますが、大きさは乳腺の発達と脂肪の量
で決まると言われています。
太っている女性はやはり見た目から豊満ですが、それ以外のところにも脂肪がついてしまっ
ています。若い女性はそれでは困るでしょうね。

バストは大きい方が良いけど他は痩せていたいと願うのではないでしょうか。
一番大切なのは女性ホルモンを増やし乳腺の発達を促すことなのですが、
女性ホルモンの種類にはエストロゲンとプロゲステロンと言う2種類のホルモンがあると
されています。

エストロゲンは脂肪を増やす効果があって、プロゲステロンは乳腺を大きくする効果がある
と言われています。
この2つの女性ホルモンは思春期のころから発達して行き、妊娠時にもっとも分泌される
ホルモンで、卵巣から分泌されるホルモンなのですが、結果その時期に胸が発達するのです。

女性

妊娠したら痩せた人でも母乳を出すために女性ホルモンが分泌されて大きな胸になるのは
そのためなのです。
時期が終わってしまうと元に戻ってしまいますが、維持する方法もあります。
女性ホルモンを増やす効果の高い食べ物を摂取することで大きくなる可能性があるのです。
しかも質の良いたんぱく質、イソフラボンを食べるのが重要だと言われています。

特に大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た効果があるのでもっとも胸を
大きくする効果の高い食べ物と言えます。

大豆の加工品の豆腐や豆乳、納豆、味噌やきなこなど身近なものがありますね。
これを日ごろから食べていれば大きくなってくるかも知れないのです。

またこれ以外にも効果が高いと言われているのがキャベツ、鶏肉、アボカドなどがよいと
されていますが、バストアップに効果があるサプリメントもあるらしいです。

でもそれ以上に規則正しい生活を過ごし、バランスのとれた食生活を送りホルモンバランス
を崩さないことが一番重要なことだと言えるでしょう。

成長期に過度なダイエットでの栄養不足やストレスなどを体や心に与えないように成長の
時期を過ごすことが大切なことです。