妊婦

産後のつらい悩み、腰痛

妊婦の女性は、10か月かけて、お腹の中で赤ちゃんを育てています。
後期になると、お腹が大きくなり、腰に負担がかかるので、腰痛になる人が多くなります。
動きづらくなるので、どうしても運動不足にもなりますし、
とにかく動くこと自体がつらくなってきます。

そんな体の変化や悩みになんとか対応しつつ、大変な出産という大仕事も乗り越えて、
やっと対面できた赤ちゃん。
産後は、妊婦の時よりは動けるようになるものの、産後特有の悩みが出てきます。
その悩みのひとつが腰痛です。

小さな赤ちゃんのお世話は、どうしても腰に負担がかかってしまいますし、
子供が大きくなってきて重くなってくると、抱っこをしたりするのも、腰に負担がかかります。
一度腰に違和感を感じてしまうと、腰痛というのは、なかなか治りづらいという特徴をもっています。
なにしろ子供の世話は毎日ですから、腰を休める暇がないのが原因です。

あまりにもひどい場合は、病院に行って、しっかりと見ていただいた上で、コルセットを巻く、
などの対処をしましょう。ひどくなってしまうと、直すのに時間がかかってしまうので、
早めに行くのがおすすめです。

普段の生活でも、あまり無理をして重いものを持たない、もし持つ時は、
しっかりとひざを曲げて、腰に負担がかからないような形で持ち上げる、
など、工夫をしてみましょう。
産後ですから、できれば旦那様の協力があれば、心強いです。
子育ては重労働です。体を大切にしましょう。

妊娠中はもちろんのこと、出産後の授乳中も風邪薬は飲めないので体調管理
には注意する必要があります。